読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光の書!より

今、へのmessage。

今、開いた頁247より🎵

助ける🎵

あなたが人を助けたいことはよくわかっています。手伝おうと一生懸命なことは知っています。あなたは、自分の知っているすべてを、私から学んだすべてを人に伝えたいのです。

それが当然だと思っている、あなたの気持ちは理解できます。自分が正しいと信じていることを行っているのでしょう。あなたは、その点について何の疑問も感じていません。人のためだと信じて行っていることが、実は自我のなせる業かもしれないなど、一瞬たりとも思っていないようてす。夢にも思いません。

あなたの気持ちはわかります。

あなたが、今の今まで人を助けたいと思って何かを行っていたとしても、このメッセージを読み終えれば、実際はそうでなかったことに気づくはずです。私が言わんとしていることは単純明快なことです。

注意して聴いてください。

誰かの手助けをしようと決めた場合、あなたはどのように取り組みますか?

誰かが非常に苦しい経験をしているとしましょう。可哀想に思ったあなたは、その人をその状況から救い出すためにはどうすればよいか思案し、何らかの方法を考えつきます。

あなたは、その方法が正しいと思っています。

なぜあなたがそう思うのか、理解できます。しかし、それではうまくいかないのです。

その人を助けようと思って、あなたが考えついた方法はあなた自身の考え方に基づいていることを理解しましょう。そこに存在するエネルギーはあなた独自のものです。

その人のエネルギーは存在しません。

より厳密には、その人は、あなたがその人のために考えついた方法が帯びているエネルギーをもっていないのてす。

そのため、その人があなたの考えた方法を実行に移せる可能性は極めて低くなります。たとえ、実行できたとしても、問題が解決する可能性は非常に低いでしょう。

なぜでしょうか?

人が自分のエネルギーを帯びていない方法で何かを行った場合は、その背景にある考え方が理解できず、後に、その行為の結果生じた何らかの事態をめぐって様々な決定をするときに、その方法に見あった判断を下すことができません。そのため問題は解決しません。

あなたがこのような形で、人を助けようとする場合には、自我が働いているのです。私が言わんとしていることがわかりますか?

自分の考えを人に押し付けようとするのは自我だけです。

魂は人に何も押し付けたりしませんが、それでも人を助けることはできます。

魂は自分の前に立っている人を見つめます。

その人を深く感じます。

魂は、相手の魂がどこに存在するか見極めることができます。

相手の魂を引き出すことができます。そして、相手が自分自身を恐れから解放することを手伝い、相手が恐れから解放された時点で、相手が自らの考え方に基づいた選択をする手伝いをするのてす。

これが助けるということです。

人の代わりに決断を下したり、人に意見したり、人のために問題を解決しようとすることは、その人を助けることにはなりません。

慈愛、浄化、愛を注ぐことで、相手の魂が輝けるようにすることが本当の助けです。

私がよく言っているように、浄化すること以外で、試練を経験している人に対してできる最善のことは、

大丈夫、あなたは必ずできるから

と告げることです。

そして翌日、その人に電話し、右の言葉を繰り返してください。その前に、もう一度浄化するのがいいかもしれません。やがて、その人の魂が実現化するまで、これを続けてください。

その人がやり遂げるまで、続けてください。

これが人を助けるということです。

 

今、この瞬間この内容を見た方に

「大丈夫、あなたは必ずできるから❗」

と伝えたいなぁ。