読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶🎵アンネの日記

今日本屋で懐かしい本を見つけました🎵

アンネの日記

f:id:alchemist8738:20170106224019j:image

中学生の頃、夏休みの宿題で

アンネの日記の読書感想文を書いて、

先生に一番良い評価と褒められたことを

思い出しました。

 

アンネの日記

と聞くと思い出すこと

 

〝キティーへ〟で始まる日記の

この〝キティー〟の部分が物凄く

愛しく感じられたことです。

 

当時、私も真似をして、日記の書き出しを

キティーへって書いたりしたことを思い出しました。

 

今日、本屋でこの本を手にして、

ちらっとめくったページにあった、

アンネの言葉をみて、涙が溢れてきました。

 

「私の望みは、死んでからもなお生き続けること」

「もし神様のおぼしめしで生きることが許されるなら、・・・つまらない人間で一生を終わりはしません。きっと世の中のため、人類のために働いて見せます」

と書いてあるところでした。

 

姉のマルゴットが死んだのは、1945年の2月の終わりか、3月のはじめ。そしてアンネについては、ある生存者がこう語っているーー

「アンネはそのときもう病気でした。ですから、マルゴットの亡くなったことはしらせなかったのですが、2、3日すると、それを感づいてしまい、そしてそのあとまもなく、眠るように死んでゆきました。ーーもう自分の身には、なにも恐ろしいことが起こることはないと信じながら」まだ16歳にもなっていなかった。

 

私はもう一度読んでみたくなりました。

アンネの日記

私の中で今も生き続けるアンネを

一人でも多くの方に知ってもらいたくなりました。

 

キティーへ

いつか、アンネに逢えるだろうか⁉