🎵ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく🎵 堀江貴文 著

おはようございます🎵笑(*´ω`*)

 

旅・息子のお話からになりますが、

 

昨年暮れにオーストラリアをまわって、

一時帰国という感じなのか・・・

 

我が家に帰ってきてました。笑(*´ω`*)

 

おかげさまで、息子も無事、新成人となり

 

先日、帰国目的である・・・

 

成人式に無事❔

参加できました。笑(*´ω`*)

 

 

というのも、前日は高校の同窓会・・・

当日の朝に帰って来て・・・・

 

「あっ、成人式、今日だった❕❗」

 

「かぁちゃん、髪セットしに行きたい❕❗」

 

「スーツ借りないかん❕❗」

 

「靴もない❕❗」

 

「どうしよう❔」

 

・・・・そんな感じで友達に聞いたりと

 

バタバタでした。(T_T)

 

しまいには、

 

「俺、どうやって会場までいこうか❔」

 

って・・・・

 

(今時の若いもんわ・・・)

 

って、突っ込みどころ満載ですが。

 

その日は帰らず・・・引き続き

 

中学の同窓会🎵

 

帰ってきたのは次の日の朝でした。

 

そして、その翌日・・・・

 

新たな旅へと・・・旅立ちました🎵

 

次の目的地は二度目のタイ🎵らしい。

 

子供の事に関して・・・いろんなことを言われます。

 

良いことも、悪いことも🎵

 

そのすべてのことが・・・

 

あぁ自分なんだ~~って思える。

 

もちろん、息子に言いたいことも

言わないけないこともいろいろ

あるんだろうと思います。

 

そんな息子をみながら・・・

わたしの両親の事を思う・・・・

 

同じ思いをしていたんだろうなぁ❔

 

今もそう。

 

私が、息子を思うように・・・

両親は私を見ているのかもしれません。

 

ただ、わたしは、

 

諦めではなく・・・

 

受け入れたい🎵

 

息子が、これから先やりたいことを

 

見守っていたいし、応援もしたい。

 

良いことも、悪いことも・・・

 

すべては経験という宝物だと思える。

 

そして、最近よく実感します。

 

自分が出したエネルギーは・・・

 

良いも悪いも

 

自分で受け取らなければならない・・・のだと。

 

そして、すべてを手放していく。

 

そうそう。

 

ここから本題です。

 

その、旅・息子が弟にお勧めして

置いていった本が何冊かありまして。

 

その中の一冊が今回の本です。

 

☆ゼロ  なにもない自分に小さなイチを足していく☆

                                                        堀江貴文  著

 

息子が何を読んでいるのか・・・気になるのはわたしだけなのか❔笑(*´ω`*)

 

実際、堀江さんの存在は知っていましたが

・・・何故か読もうと思わなかった❗

 

もしかしたら・・・私と同じ気持ちの人は

いるかも知れませんね🎵笑(*´ω`*)

 

ただ、違ってた。

この本は泣けた❕❗

 

改めて・・・息子に感謝したい。

 

いろいろと

 

気づきの多い本でした。

 

堀江貴文さん🎵

 

ありがとう・・・笑(*´ω`*)

 

みんなやっぱり

 

おんなじだ🎵

 

最後に堀江さんがメッセージをのこしています。

 

その言葉が一番の

 

わたしのお気に入り🎵笑(*´ω`*)

 

それは・・・

 

☆はたらこう🎵☆

 

でした。

 

 

 

あまりにこの本が良かったので・・・

 

早速次男に・・・

 

「ホリエモン知っとる❔」

「この人な・・・」

 

って言ったら・・・

 

「母ちゃん、読んだん❔

俺、まだ読んでないけん、言わんとって❕」

 

と言われました🎵笑(*´ω`*)

 

兄から弟に・・・

 

なんかいいね。

 

あと、この本の中で

 

堀江さんが

 

・・・刑務所に収監されていた間、僕は1000冊に及ぶ本を読んだ。・・・

その中で、僕がもっとも感動した小説はなにか?

これは間違いなく、

重松  清さんの「とんび」である。

 

・・・・・・と。

 

わたしはその「とんび」を読んでみたくなりました🎵

 

そして、思い出しました🎵

私にもあったんです・・・私がこんなに本を読むようになる前に。

 

とても感動した本が❕❗

 

「塩狩峠」

 

誰が書いたか覚えてませんが・・・

 

泣きました🎵笑(*´ω`*)

 

懐かしくおもいます。

 

 

あと、本文中に

・・・・

ときおり、「堀江さんの座右の銘はなんですか?」と聞かれることがある。

 

もともと座右の銘など持っていないのだが、あまりに多く聞かれる質問なので、いつのころからか、

「諸行無常、ですよ」

と答えることにしている。これは座右の銘でも仏教的な心構えでもなく、

世の中の真理だ。

 

万物は流転する。すべては流れる川のように、ひとときとして同じ姿をとどめない。

 

たとえば鏡に映る昨日の自分と今日の自分は、どこにも違いがないように見える。

しかし、5年10年経てば大きな違いが出ているはずだ。

それはどこかの段階で大きく変わったのではなく、日々刻々と小さな変化を積み重ねた結果なのだ。

昨日の自分と今日の自分は、さっきの自分といまの自分は、違っているのである。

 

諸行無常の原則は、組織やビジネス、さらには人間関係にも当てはまる。

 

組織は動き、ビジネスは変化する。大小さまざまな出会いと別れが、人間関係を更新していく。

 

現状維持などありえない。

僕は変わり、変わらざるをえない。

 

僕を取り囲む環境もまた、変わっていく。

 

なにを得ようと、なにを失おうと、

未練など生まれるはずもないのだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「諸行無常🎵」

 

ほんとにそのとおりかも。笑(*´ω`*)

 

 

わたしはふっと思いました❕❗

 

☆令和・れいわ☆のいま。

 

令(れい)=ゼロ

和(わ)=足していく

 

☆今☆いま☆にピッタリ❕❗

 

かなって。笑(*´ω`*)

 

是非是非🎵

 

読んでみてね~~🎵笑(*´ω`*)

 

さあ🎵

 

今日も元気に

 

はたらこう🎵