読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、ここ!

まさに、今、ここ!そんな本です。


f:id:alchemist8738:20161214181438j:image

私の好きな内容をここで紹介します。

瞑想方法

言葉やシンボルを使う

 ・「神は、この瞬間にこのような形で、現れている

著者はこの言葉をつぶやきながら、世界を見る訓練をしたことがあります。

「神は否定的な感情ではない、悪ではない、痛みではない、暗がりてはない」と思っていましたが、ある時この考え方は、二元論的思考だと気づきました。

そこで、一見良いことも、悪いことも、すべてを「神」と見る訓練ををしました。

自分が体験していることは、すべて、神。この瞬間が私の神の体験。

「今、この瞬間」が神だと思って世界を見ました。否定的で、苦痛な出来事も、あるがままに受け入れる練習になります。

 

・「私は誰か」、「私はどこにいるか

答えを出そうとする必要はありません。自動的に唱えるものでもありません。

「自分は本当は誰なのか」に興味をもつこと、関心をもつためです。自己イメージに沿って、努力するのは悪いことてはありませんが、「自分は誰か」は、自分がなろうとしている自分ではありません。人と同じになろうとしている自分。成功者になろう、お金持ちになろうとしている自分。美しく魅力的になろうとしている自分。体面を保とうとしている自分。なろうとしている自分に気づいてから、

「本当の自分は誰か」を問います。

 

・「変わらないものは何か

「変わらないものは何か」を探求すると、自分が、自分を騙していること、本当は真実を知りたくないことがわかります。

幻想的幸せにしがみついていることがわかります。物質だけでなく、男女関係、対人関係、自分、神、「悟り」の概念も検討してください。変わらないものがないことがわかれば、「今、ここ」にいる自分に充足する可能性が出てきます。

 

というところです。

最近「今、ここ!」をいつも意識しながら過ごしています。

 

つい先日、気がついたことがありました。

「今、ここ!」に似た「ただ、今!」

この《ただ、今》という言葉を。

 

我が家に帰った時に使う。

「ただいま」

にしてみたら、なんだかんだ凄く安心できました。

家に帰ったときには、家族が迎えてくれる、そんな安心感。の「ただいま」と。

 

大いなる存在がいつも迎えてくれる、

「ただ、今」の安心感。

もしかしたら、このただいまに隠された

messageなのかも知れませんね。

 

なので、いつも

《ただ、今、》

ってつぶやいています。

どこかから聞こえてきそうですね。

〈おかえり!〉って。

大いなる存在からのmessage!

 

ただ、在る🎵

ただ、今🎵

そんなふうに・・・