đŸ’—ã‚ˇãƒĨãƒĒãƒģã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧぎį”Ÿæļ¯ã¨æ•™ãˆđŸ’—

これは一äŊ“おういうæœŦãĒぎだろうかīŧŸ

 

と思えるようãĒæœŦが。

 

į§ãŽã‚‚とへとやãŖãĻæĨぞしたđŸŽĩ(*´∇īŊ€*)



f:id:alchemist8738:20170420185251j:image



đŸ’—ã‚ˇãƒĨãƒĒãƒģã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧ💗

 

全く初めãĻčžãåå‰ãŽäēēでしたđŸŽĩ

 

čĒ­ã‚“でãŋãĻ思いぞした(*≧∀â‰Ļ*)

あãŖ、これはį§ãŽãŸã‚ãŽæœŦでしたđŸŽĩ

 

もしかしたら、もう一äēēぎį§(あãĒた)ぎためぎæœŦでもあるかãĒぁと思ãŖたぎで

 

é•ˇã„ã§ã™ã‘ãŠãƒģãƒģãƒģãƒģ

æ™‚ã€…ã‚ąãƒŧã‚ŋイčŊとしãĒがらãƒģãƒģãƒģ

 

やãŖと打ãĻぞしたđŸŽĩ(*´∇īŊ€*)

 

 

 

åēæ–‡ã‚ˆã‚Š(*´∇īŊ€*)

 

「木ãƒŧãƒŧ䞋えば、įžŽã—く力åŧˇã„ãƒ–ãƒŠãŽč€æœ¨ãŒã€ããŖと静かãĒčļŗ取りであãĒたãĢæ­Šãŋ寄ãŖãĻãã‚‹ã¨ã“ã‚ã‚’ã€ãĄã‚‡ãŖとæƒŗ像しãĻãŋãĻください。あãĒたはおぎようãĢ感じるでしょうかīŧŸ

 

(į§ã¯ã€æ°—がãĩれたぎだろうかīŧŸ)ぞたは、(おそらく、これはå¤ĸをãŋãĻいるぎかãĒīŧŸ)

ãĒおと、č‡Ē問することでしょう。

 

įĩåą€ãŽã¨ã“ろ、あãĒたはこれぞでįŸĨらãĒかãŖた、įžåŽŸãŽæ–°ãŸãĒæŦĄå…ƒãĢå…ĨãŖãĻしぞãŖãĻいることを、čĒã‚ã‚‹ã—かãĒいでしょう」

 

これはドイツぎ小čĒŦåŽļãƒĄãƒĒã‚ŋãƒģãƒžã‚ˇãƒĨマãƒŗが、ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧ(č‡ŗįĻãĢæĩ¸ã‚‹č–母)から受けたįŦŦä¸€å°čąĄã‚’ã€čĻį´„しãĻかたãŖたもぎだ。

 

ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧは

ナãƒŧマクãƒĒã‚ˇãƒĨナ、ヴã‚Ŗヴェãƒŧã‚Ģナãƒŗダ、ã‚Ēãƒŧロビãƒŗドãƒģゴãƒŧã‚ˇãƒĨ、ナマナãƒģマハãƒĢã‚ˇã€

 

そしãĻパナマハãƒŗã‚ĩãƒģヨã‚ŦナãƒŗダぎようãĒ、įžäģŖイãƒŗドãĢおける偉大ãĒč–č€…ãŽä¸­ãĢ、åŊ“į„ļåĢめられるずき霊įš„åˇ¨äēēである。

 

 åŊŧåĨŗぎäēēį”Ÿã¯ã€ã‚¤ãƒŗドãĢåŽŋる不変ãĒ霊įš„力ぎ、雄åŧãĒč¨ŧとãĒるもぎだ。

 

é€˛æ­Šã¨ã„ã†æĻ‚åŋĩが、もはやįĩļ寞įš„ãĒįœŸį†ã ã¨ã¯æ€ã‚ã‚Œãšã€ãžãŸã€ã€ŒįžäģŖäžĄå€¤čĻŗ」ぎすずãĻが、č‹ĻしãŋãĢæē€ãĄãŸå†æ¤œč¨Žã‚’æ–ŊされãĻいるようãĒこぎ世į•ŒãĢ寞し、åŊŧåĨŗãŽãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジは、į‰šãĢį›¸åŋœã—いもぎである。

 

 

ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧは、įžäģŖ文明ぎį—…を、「過åēĻぎ世äŋ—化(厗教からぎé›ĸ反)」とč¨ē断する。そしãĻã€æˆ‘ã€…ãŽæˇąåˆģãĒį—…ã‚’į™’せるぎは、åˇĨå­Ļč€…ã€į¤žäŧšå­Ļč€…ã€åŋƒį†å­Ļč€…ã§ã¯ãĒく、

 

「魂ぎåŒģå¸Ģ」

 

であることをį¤ē唆しãĻいる。åŊŧåĨŗは我々ぎčĻ–į‚šã¨æ…‹åēĻãĢ寞しãĻ、

 

外äē¤æ€§ã‹ã‚‰å†…向性へ、

į‰ŠčŗĒä¸ģįžŠã‹ã‚‰éœŠæ€§ã¸ã€

äēē間中åŋƒã‹ã‚‰įĨžä¸­åŋƒã¸

と、

 

åŧˇįƒˆãĒ靊å‘Ŋをå‡Ļ斚する。åŊŧåĨŗぎ全くåĻĨ協ぎãĒいčļ…čļŠįš„ãĒčĻ–į‚šã¯ã€å•éĄŒč§ŖæąēãĢé–ĸåŋƒã‚’もつ原į”¨ä¸ģįžŠãŽã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢäēēãĢとãŖãĻ、įœŸãŽã‚ˇãƒ§ãƒƒã‚¯į™‚æŗ•ã§ã‚る。

 

åŊŧåĨŗはäēēåŖåĸ—加やį’°åĸƒæąšæŸ“、äēēį¨Žįš„偏čĻ‹ã€æ”ŋæ˛ģįš„įˇŠåŧĩ、įĩŒæ¸ˆåąæŠŸį­‰ãĢは明įĸēãĒé–ĸåŋƒã‚’į¤ēさãĒい。

 

しかし、一äēēぎäŋĄč€…ãŽč¨€č‘‰ã‚’å€Ÿã‚ŠãĻčŋ°ãšã‚‹ãĒら、ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧという存在ぎį›Žįš„は

 

「ãƒģãƒģãƒģある力ぎ存在を明らかãĢį¤ēすことであり、

 

そぎ力は変čŗĒをもたらすåŊąéŸŋ力ãĢよãŖãĻ、

 

醜æ‚Ēぎ中からįžŽã‚’、

äē‰ã„ぎ中から愛を、

 

常ãĢå‰ĩ造しįļšã‘ãĻいぞす。

こぎようãĒåŠ›ã“ãã€ã‚ˇãƒĨãƒĒãƒģã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãĒぎです。

 

åŊŧåĨŗがこぎį´›äē‰ãŽä¸–į•ŒãĢ、åšŗ和とčĒŋ和をもたらしぞすようãĢ」

 

ãƒģãƒģãƒģãƒģãƒģį§ã¯ã€ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧぎįžå‰ãĢæĄˆå†…ã•ã‚ŒãŸã¨ãã€äēēį”Ÿã§åˆã‚ãĻ、

 

ぞさãĢ聖ãĒるもぎぎ化čēĢである、「全くį•°čŗĒ」ãĒčĒ°ã‹ãĢ遭遇したと感じた。

 

だがã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧは、とãĻもčĻĒしãŋやすく、čŋ‘ãĨきやすいäēēでもあãŖた。

 

ãƒģãƒģãƒģãƒģこぎようãĢ始ぞるåēæ–‡ã§ã™ãŒã€ãĒんとãĒく感じãĻもらえたぎではãĒいでしょうかīŧŸ

 

 

 

ここからはã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧが回æƒŗしãĻいる内厚です❗

 

 

小å­Ļæ Ąã¸ãŽå‡ē席がäēŒåš´ãĢもæē€ãŸãĒい、というįĩŒæ­´ã§ã¯ã€ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧãŒã€Œæ•™č‚˛ã‚’å—ã‘ãŸã€ã¨č€ƒãˆã‚‹ãŽã¯é›Ŗしい。

åŊŧåĨŗは書くことができるぎだが、いつもは、æœŦãĢã‚ĩイãƒŗをするとき、

 

一つぎį‚šã—か書かãĒい

 

そしãĻ、ã‚ĩイãƒŗをするとき、æŦĄãŽã‚ˆã†ãĒčĻ‹č§Ŗをčŋ°ãšã‚‹ã“とがある。

 

「こぎ中ãĢ、すずãĻはåĢぞれãĻいぞす」

 

ぞたåŊŧåĨŗは、æąēしãĻæœŦãĒおをčĒ­ã‚‚うと思わãĒい。垓ãŖãĻ、同じようãĢã€Œæ•™č‚˛ã‚’å—ã‘ãĻいãĒい」ナãƒŧマクãƒĒã‚ˇãƒĨナãƒģパナマハãƒŗã‚ĩと同様ãĢ、

 

英įŸĨは、æœŦぎå­Ļįŋ’とはį„Ąé–ĸäŋ‚であるというäē‹åŽŸã‚’č¨ŧ明しãĻいる

 

ãƒŧãƒŧãƒŧįœŸåŽŸã¯ã€ã‚ぞりãĢã‚ˇãƒ§ãƒƒã‚¯ãŒå¤§ãã™ãŽãĻ、大半ぎå­Ļ者ãĢは受けå…ĨれられãĒいもぎだ。

ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧč‡ĒčēĢも、かつãĻã€ã“ã†æ˜Žč¨€ã—ãĻいる。

 

「もしčĒ°ã‹ãŒã€æœŦåŊ“ãĢįĨžã‚’、įĨžãŽãŋã‚’æą‚ã‚ã‚‹ãĒら、そぎäēēは、č‡ĒčēĢぎåŋƒ(ハãƒŧト)ãĢč‡Ē分ぎæœŦを持つでしょう。そぎäēēãĢとãŖãĻã€å°åˆˇã•ã‚ŒãŸæœŦãĒおåŋ…čĻã§ã¯ãĒいぎです」

 

 

全存在ぎ一äŊ“性をč‡ĒčĻšã—たマãƒŧは、åĻšãŒ16æ­ŗでäēĄããĒãŖた時ãĢも、į”Ÿãƒģæ­ģぎãƒĒãƒŧナãĢ全くåŊąéŸŋされãĒかãŖた。

 

「äŊ•ãŒčĩˇã“ろうと、それは、たいしたことではありぞせん」

 

「すずãĻぎもぎが、遊切ãĒときãĢ遊切ãĒįŠļæŗãŽä¸‹ã§åą•é–‹ã™ã‚‹ã“ぎ厇厙ぎãƒĒãƒŧナãĢ、マãƒŧは厌全ãĢčĒŋ和しãĻいる」

 

「čĩˇã“るずきことは、äŊ•ã§ã‚れ、čĩˇã“るでしょう」

 

 

 

 

 

💗ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧぎäēēã¨æ•™ãˆđŸ’—

 

ぎところでãƒģãƒģãƒģとãĻも大切ãĒ内厚がありぞしたđŸŽĩ

 

æˇąã™ãŽãĻわからãĒいかもですが❗

 

ãĒんとãĒくで感じãĻæŦ˛ã—ã„đŸ’—

 

 

ãƒģãƒģãƒģãƒģãĒぜ多様性があり、ãĒぜこぎãƒĒãƒŧナがįļšã„ãĻã„ããŽã‹ã‚’é™åŽšã•ã‚ŒãŸč¨€č‘‰ã§čĒŦ明するぎは、原際ãĢはå‡ēæĨãĒいことである。

 

 

時間とįŠē間をčļŠãˆãĻã„ã‚‹ä¸€č€…ã¯ã€åŒã˜ãéŒ¯čĻšãŽå´éĸである、原因とįĩæžœã‚’čļŠãˆãĻいる。

 

こぎようãĢ「ãĒぜ」という問い、それč‡ĒäŊ“がマãƒŧヤãƒŧぎ一éĸである。時間とįŠē間、原因とįĩæžœãĢもとずいãĻ働くåŋƒãĢは、æąēしãĻįŠļæĨĩぎ原在を捎えることはå‡ēæĨãĒい。

 

åž“ãŖãĻ、į›´æŽĨãĢ一äŊ“性をįĩŒé¨“した、すãĒã‚ãĄã€å¤šæ§˜æ€§ã‚’čļŠãˆãŸã¨ããŽãŋ「ãĒぜ」をčļŠãˆãŸįœŸåŽŸã€įŠļæĨĩぎįœŸį†ã‚’įŸĨることがå‡ēæĨるだろう。

 

こぎ世į•Œã¯įŸ›į›žã‚ˆã‚ŠãĒãŖãĻおり、そぎ中ãĢåˇģきčžŧぞれãĻいる限り、世į•Œã‚’į†č§Ŗすることはå‡ēæĨãĒい。

 

しかし嚸運ãĒことãĢ、錯čĻšãŽãƒ´ã‚§ãƒŧãƒĢをå‰ĩ造しãĻã„ã‚‹ä¸€č€…ã¯ã€éŒ¯čĻšã‚’įĩļæģ…する斚æŗ•ã‚’我々ãĢ与えãĻくれãĻもいる。

 

そしãĻįĩåą€ã€éŒ¯čĻšã‚’克服する手æŽĩとは、錯čĻšããŽã‚‚ぎ(ぎæœŦ性をčĻ‹æŠœãã“と)ãĒぎだ。

 

äēēはåŋƒã‚’惑わされ、こぎäēŒå…ƒæ€§ãŽä¸–į•ŒãŒåŽŸåœ¨ã§ã€ããŽä¸­ãĢしあわせをčĻ‹ã¤ã‘られるとäŋĄã˜ãĻいる。

 

しかしこぎ世į•Œã¯ã“うぞうãļつであるがゆえ、æœŦį‰ŠãŽã€ã¤ãžã‚Šæ°¸įļšã™ã‚‹åš¸ã›ã‚’与えãĻはくれãĒい。世į•Œã¨ã„う単čĒžč‡ĒäŊ“が、そぎæœŦ性ぎヒãƒŗトを与えãĻくれる。

 

それは不断ぎ動き、įĩļえ間ãĒい変化、æĨることとåŽģること、åĨåēˇã¨į—…気、名åŖ°ã¨ä¸åčĒ‰ã€

富čŖ•ã¨č˛§å›°ã€čĒ•į”Ÿã¨æ­ģである。

 

æ°¸įļšã™ã‚‹æē€čļŗ、厉åŋƒã¨ã„う「į†č§ŖをčļŠãˆãŸã‚‚ぎ」を、こぎ世į•ŒãĢ期垅することãĒおå‡ēæĨはしãĒい。

 

äēēはこぎ世がæœŦåŊ“ãŽæ•…éƒˇã§ã¯ãĒいことを、悟らねばãĒらãĒい。

 

「äēēがį•°éƒˇãŽåœ°ãĢäŊã‚€ã¨ããĢ、おうしãĻã€ã‚ˆãč€…ãŽåŽŋå‘Ŋであるč‹Ļé›Ŗから逃れられるでしょうか。

 

あãĒãŸãŽæ•…éƒˇã¯ã€å˜†ãã¨æ‚˛ã—ãŋ、暴力と憎しãŋ、é›ĸåã¨ã„ã†å•éĄŒãŒãĒく、光と闇という反寞į‰ŠãŒãŠãĄã‚‰ã‚‚存在しãĒいところです。」

 

į•°é‚Ļäēē、č¨Ēå•č€…ã§ã‚ã‚‹äēēは、ここで、ぐずぐずとæģžåœ¨ã‚’åģļばすずきではãĒい。

 

äēēはį„ĄįŸĨゆえãĢ、名åŖ°ã€å¯ŒčŖ•ã€æ¨ŠåŠ›ã€æ„›æƒ…ぎおぎåŊĸであれ、ここで嚸įĻã‚’čĻ‹ã¤ã‘られるとäŋĄã˜ãĻいる限り、æ­ģãĢ際しãĻ、さらãĢå­ĻãļためãĢ、再ãŗこぎ世へ帰ãŖãĻæĨãĒければãĒらãĒいだろう。

ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧぎ上手ãĒ襨įžã‚’借りれば、こぎ世ãĢ愛į€ã‚’持つことが、č‡Ē動įš„ãĢ「垀垊切įŦĻ」をį”¨æ„ã™ã‚‹ã“とãĢãĒるぎだ。

 

 

ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧが、äēē々ãĢä¸€č€…ã¸ãŽå¸°é‚„ãŽæ—…ã¸äš—ã‚Šå‡ēすようäŋƒã™ã‹ã‚‰ãĢは、äēē間は、č‡ĒčēĢぎåŠĒ力ãĢより上手くそぎ旅を始めるためぎ、č‡Ēį”ąæ„æ€ã‚’持ãŖãĻいると、åŊŧåĨŗã¯č¨€ãŖãĻいるぎだろうかīŧŸ

 

 

我々がよくįŸĨãŖãĻいるようãĢ、įĨžå­Ļč€…ã‚‰ã¯äŊ•ä¸–į´€ãĢもわたãŖãĻ、こぎ厄äģ‹ãĒå•éĄŒã‚’åˇĄã‚ŠčĢ–äē‰ã—ãĻいる。

 

つぞり、įŸ›į›žã—たéŸŋきかもįŸĨれãĒいが、č‡Ēį”ąæ„æ€ã¨ã¯įŠļæĨĩぎ意å‘ŗãĢおいãĻ恊å¯ĩぎ一部ãĒぎだ。

 

䞋えば、åŊŧåĨŗはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĢはãŖきりčŋ°ãšãĻいる。

 

「æœŦåŊ“ãĢ、こぎ世ぎあらゆるäē‹æŸ„は、意åŋ—ぎ力ãĢよãŖãĻ成し遂げられぞす。もしčĒ°ã‹ãŒã€æąē意とåŋč€ã‚’持ãŖãĻį†æƒŗを原čˇĩすることがå‡ēæĨるãĒら、そぎäēēぎæ´ģ動は、霊感ãĢ導かれるでしょう。こぎようãĒæ´ģ動åŽļは、įĨžãŽåŠ›ãĢ支援されぞす」

 

我々がį„ĄįŸĨである限り、äē›į´°ãĒäē‹æŸ„ãĢおいãĻぎãŋ、おうやらč‡Ēį”ąã§ã‚るようだ。

我々は、č‡Ē分ぎåŧąį‚šã€į„ĄčƒŊさãĢ束į¸›ã•ã‚ŒãĻいãĻ、č‡Ēåˆ†ãŽæ°—åˆ†ã€åˆ‡æœ›ã€čĄå‹•ãŽåĨ´éšˇã§ã‚る。

 

ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧは、åšŗ均įš„ãĒäēē間ぎč‡Ēį”ąã‚’、ロãƒŧプで杭ãĢįš‹ãŒã‚ŒãŸã€é›Œį‰›ãŽč‡Ēį”ąãĢたとえãĻいる。

 

ロãƒŧプぎ限į•Œå†…で、雌į‰›ã¯č‡Ēį”ąã§ã‚る。しかしį‰›ãŒãƒ­ãƒŧプから逃れることがå‡ēæĨるãĒã‚‰ã€ã‚‚ãĄã‚ã‚“åŽŒå…¨ãĒč‡Ēį”ąã‚’手ãĢいれることãĢãĒるだろう。

 

同様ãĢ、äēēはæ­Ŗしく霊įš„ãĒåŠĒ力をすることで、こぎčĻ‹ã›ã‹ã‘ぎ嚸įĻã‹ã‚‰ãĒるåˆļ限された世į•ŒãĢ、č‡ĒčēĢをį¸›ã‚Šäģ˜ã‘ãĻいる錯čĻšãŽãƒ­ãƒŧãƒ—ã‚’æ–­ãĄåˆ‡ã‚Šã€č‡ĒčēĢを垗ることができる。

 

通常、厇厙では、æœŦåŊ“ãĢã‚ĢãƒĢマぎæŗ•å‰‡ãŒåƒã„ãĻいる。垓ãŖãĻã€ã˛ã¨ã¯ã€

 

「į¨Žã‚’č’”ã„ãŸã‚‰ã€åˆˆã‚Šå–ã‚‰ã­ã°ãĒらãĒい。」

 

 

åŋ…ず一つぎäēēį”Ÿã§ã€ã¨ã¯é™ã‚‰ãĒいが、ã‚ĢãƒĢマはいつか、そぎäēēãĢčŋŊいäģ˜ãã“とãĢãĒる。

 

すずãĻぎ存在がおäē’いãĢåŊąéŸŋしあãŖãĻいるぎだから、そぎすずãĻãŽčĄŒå‹•ã€æ€č€ƒã€æ„Ÿæƒ…ã¯ã€ã“ãŽåŽ‡åŽ™ãĢį—•čˇĄã‚’掋すことãĢãĒる。

 

 

厇厙は、これらがイãƒŗãƒ—ãƒƒãƒˆã•ã‚ŒãŸåˇ¨å¤§ãĒã‚ŗãƒŗピãƒĨãƒŧã‚ŋãƒŧãĢたとえられる。ã‚ŗãƒŗピãƒĨãƒŧã‚ŋãƒŧは、そぎæŦĄãĢã€ã“ã‚Œã‚‰ãŽčĄŒå‹•ã€æ€č€ƒã€æ„Ÿæƒ…ã‚’įĩæžœãĢ変換し、そぎ劚果を、さぞざぞãĒ「å…Ĩ力」ぎį›¸äē’äŊœį”¨ãŽįĩæžœãĢåŋœã˜ãĻ、

 

あるį‰šåŽšãŽæ™‚ãĢ、į‰šåŽšãŽåŊĸで、我々がįĩŒé¨“することãĢãĒる。

 

こぎようãĢ、į™ēį”Ÿã—たã‚ĢãƒĢマはすずãĻ、遊切ãĒときãĢį†Ÿã—ãĻįĩåŽŸã™ã‚‹é‹å‘ŊãĢある。

 

äŊ•åēĻもįš°ã‚Ščŋ”し、ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧは、æŦĄãŽã‚ˆã†ãĢæ˜Žč¨€ã—ãĻいる。

 

ã€Œãã‚ŒãŒč‰¯ã„ã“ã¨ã§ã‚‚ã€æ‚Ēいことでも、čĩˇã“ることぎすずãĻは、ãƒŧãƒŧもし、それがčĩˇã“るよう厚められたもぎãĒらãƒŧãƒŧあるį¨ŽãŽåŠ›ãŽã€įĨžį§˜įš„ãĒį›¸äē’äŊœį”¨ã‚’通しãĻčĩˇã“りぞす。」

 

ぞた、

 

「čĩˇã“ることはäŊ•ã§ã‚れ、čĩˇã“る運å‘ŊだãŖたぎです」ãƒģãƒģãƒģãƒģ

 

 

ぞだぞだįļšããŽã§ã™ãŒâ—

 

 

最垌ãĢ一ãƒĩ所ぎせãĻおきぞす✨

 

あるã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢぎåŠĻäēēが、とãĻも嚸įĻãĒįĩåŠšį”Ÿæ´ģã‚’å…ąãĢしãĻいたå¤Ģã‚’å¤ąãŖた、と

 

ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧãĢčŠąã—ãŸã€‚å¤ĢがäēĄããĒり、そぎåŠĻäēēぎäēēį”Ÿã¯į„Ąæ„å‘ŗãĒもぎãĢãĒãŖãĻしぞãŖた。åŊŧåĨŗãĢį­”えãĻ、ã‚ĸãƒŧナãƒŗダマイãƒŧãƒģマãƒŧはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒčĒŦ明をした。

 

äēēぎ愛į€ã¨ã„うもぎは、すずãĻ、いつかは捨ãĻãĒければãĒらãĒい。

įĨžã¯ã€äēēがおぎようãĒ世äŋ—ぎ囚われをもつことも望ぞãĒい。

 

äēēが錯čĻšãŽä¸–į•ŒãĢあぞりãĢもå¤ĸ中ãĢãĒりすぎるとき、æœŦåŊ“ãŽæ•…éƒˇã‚’æ€ã„å‡ēさせるためãĢ、

 

愛į€ãŽå¯žčąĄã¯ããŽäēēから取り上げられることãĢãĒる。

 

「äŊ•ã‹ãĢ䞝存しãĻいる嚸įĻã€ãã‚ŒãŒäēē、お金、厉æĨŊãĒおぎäŊ•ã§ã‚ã‚Œã€é•ˇįļšãã¯ã—ぞせんãƒģãƒģãƒģ

 

įĨžã ã‘が、永įļšã™ã‚‹æē€čļŗを与えãĻくれぞす」

 

 
ãĒんか切ãĒいですãƒģãƒģãƒģ

 

 

愛į€ãŽå¯žčąĄãŒå–り上げられãĻしぞうんですね(T_T)

 

あらゆるもぎを手攞しãĻãƒģãƒģãƒģ

 

įĩåą€ã¯åŧˇåˆļįš„ãĢ❗

 

そうãĒãŖãĻるぎかãĒぁãƒģãƒģãƒģ

 

æą‚ã‚ã‚‹ãŒã‚†ãˆãĢãƒģãƒģãƒģ

 

į­”えぎãĒい世į•ŒđŸ˜…

 

ありがとうございぞした(*´ãƒŧīŊ€*)